品質管理室

Quality management Office

  1. ホーム>
  2. 業務内容>
  3. 品質管理室

食の安心・安全・美味しいを“当たり前”にする仕事

食の安心・安全・美味しいは決して当たり前ではありません。
それを“当たり前”にするのが私たちの仕事であり、使命です。

品質管理室画像

仕事内容

大きく仕事を分けると、新商品の原材料表示ラベルを徹底すること、
生産した商品の品質(安全性・美味しさ)を守ること、そしてエンドユーザー様の対応です。
エンドユーザー様がきちんとの表示を見て添加物やアレルゲンのチェックができるように、
ファウンテンデリ以外の生産工場とも表示のすり合わせを行い、事故のないよう入念に精査します。
また生産工程からも健康被害が起きないように、品質検査を定期的に抜き打ちで行い、
全ての工程で検査を徹底してます。すこしでも数値が変化した工程では、その工程をさらに細部に分けて検査し改善を行います。
また、エンドユーザー様からのお叱りの声・お喜びの声も弊社にお問い合わせがありますので、
そちらの声がしっかりと生産部に反映させるように管理をしています。

食の安全を守る、検査体制

検査体制

品質管理部の中には検査を専門に行っている細菌検査員がおり、商品開発部がクライアントと相談して開発した新商品のサンプルができると、一度保存して保存検査と細菌検査を行います。テストの段階で不具合があれば、製造工程のどの部分で問題があったのか、さらにどの食材・機械で問題があったのかを確認し、生産部へ改善の提案を行います。
また、細菌検査員は工場内を巡回し、日常的に生産している製品でも定期的に抜き打ち検査を行って不具合が起きていないかのチェックを行います。
"こころを込めて、人の手でつくる"にこだわっているからこそ、食の安心・安全を守るために「ご飯」「お肉」「器具」「手袋」毎等の細部にも徹底的にこだわり、更に細かく検査していきます。
生産部の方々には厳しい意見をぶつけることもありますが、全ては「ヘルシーで美味しく、安心・安全」を当たり前にするために、生産部をバックアップすることも大切な仕事です。

コンビニグルメに特化した独自のHACCPシステムを導入

HACCPシステム

食品衛生管理の国際規格であるHACCP(ハセップ)システムを遵守した上で、コンビニグルメに特化した独自の安全規格を設け、システムが正しく機能しているか、社員への注意・教育も品質管理部の大きな活動のひとつです。新しいルールを作るだけではなく、今あるルールを見直して改善することもあり、常にクライアントの求める厳しい基準以上に応えられるようにしています。
検査を10回して安全が担保させるのでなく、1回の検査で安全を担保できるほどの検査力を持てるよう、品質管理部として社員ひとり一人が自覚を持ち、コストの削減・利益を残しながらも品質を守ることを心がけています。
その責任があるからこそ、改善を重ね細菌検査の合格率をあげていくことができました。クライアントから健康被害が出たことは、現在に至るまで一件もありません。この安全の当たり前を守れるよう、原材料・保存料などの添加物・検査体制、どこを取ってもファウンテンデリには自信があります。

エンドユーザー様からの声を直接お受けする部署でもあります

現場で一日に10万食なんて膨大な数の生産をしていると、エンドユーザー様と直接対話することも少ないので、存在を遠くに感じることもあります。
しかし、弊社が生産した製品ラベルにあるフリーダイヤルは、クライアントではなく弊社に直接繋がる電話番号となっていますので、
お客様からのお叱りの声だけではなく「新商品おいしかったよ」「○○弁当良かった!」といったお褒めお言葉をいただくこともあり、
全てのお客様の声が品質管理部だけではなく生産部等の現場の社員にも届くようにしています。
お客様の存在を身近に感じることでモチベーションも上がりますし、より一層身が引き締まる思いです。