品質管理室

Quality management Office

  1. ホーム>
  2. 業務内容>
  3. 品質管理室>
  4. 品質管理室 課長からのメッセージ

品質管理室 課長からのメッセージ

商品が命!自分の工場や商品に誇りが持てるように

下川 潤
品質管理室 課長
下川 潤

品質管理の仕事は、工場内の施設・商品において衛生環境がしっかり守られているかを厳重にチェックすることです。すべての生産工程に於いて、服装の状態や機械類の殺菌についても徹底した管理を行っています。また、毎日出来上がった製品を検査して、安全性を確認し、「厳しい衛生基準のもとで、安心して食べられる商品だけをお届する。」これが我々品質管理室の重要な役割であり、我々はそのキーパーソンです。また、材料の劣化防止の管理、HACCP(食品生成管理手法)に基づいた衛生管理環境の改善、原材料の品質や仕入れ先のチェック等も日々の大切な業務であります。

毎日のルーチンとしては、工場で生産する食品の安全性の維持・工場を実現するために、製造ラインで働くスタッフの衛生指導を強化しています。内容としては手洗いの指導、製造工程の改善、機械の洗浄に関するチェックなどがあります。巡回検査などを通じて衛生管理や製造工程のチェックを行い、生産スタッフに対し、「手洗いや作業服の正しい着用を徹底しているか」「加熱などの工程で正しく温度を設定し、確実に守っているか、また、その履歴を残しているか」などの指導などを行っております。

下川 潤

また、工場内にはたくさんの外国人就労者が在籍しており、出身国も様々です。一律に指示を出せば全員が理解してくれるわけではないので、相手の立場も理解しながら、一人ひとりとコミュ二ケーションを取っていくことが重要です。また、特に衛生・安全に重要なところは、複数国の母国語表示ポスターを掲示したり、動画を使ったマニュアルにて指導を行っております。

我々の取引先であるセブンーイレブン・ジャパンは、日本一の店舗数を有するコンビニエンスストアであり、取扱商品数も多ければ、お客様の声も多くいただいております。セブンイレブンには全国に180の専用工場があり、我が社はその一工場です。専用工場では、店舗で頂いたお客様の声を全180工場で共有し、日々改善を行っておりますので、我が社の工場ではまだないトラブルを予測し、事前に対策が打てるというメリットがあります。その為、我が社で製造する製品に対する安全衛生の精度は日本でも最高レベルであると自負しております。この最高レベルの安全衛生の精度を維持すべく、我々は日々の努力を続けてまいります。