先輩の声

Senior Voice

  1. ホーム>
  2. 採用情報>
  3. 先輩の声>
  4. 生産管理部 劉俊驛

性別や国籍に関係なく、自分のキャリアを築いていける

コミュニケーション能力が高いと、チャンスをつかむ可能性も高くなります。

生産管理部 劉俊驛

2017年入社

劉俊驛 
RYU SHUNEKI
生産管理部

プロフィール&日本での就職を決めた理由

中国から日本にきて9年目。入社して1年が経ちました。大好きな福岡で、中国語を活かせる会社を探していました。もともと有機化学の研究に従事してきたので専門的な仕事も考えたのですが、もくもくと一人でこなす研究職よりも、人との触れ合いのある事務系の仕事の方が向いているのではないかと思い、知人からの紹介で入社。中国からの従業員やスタッフが多い当社で、日本在住8年の先輩として、会社と社員の日本との架け橋になれればと思っています。

現在は、海外実習生のお世話やアドバイスをする仕事をしています。仕事のトラブルはもちろん、人材教育の通訳、病気になったり、部屋のものが壊れたりした際の世話を、上司と分担しながら、主に細かいことを私が対応しています。申請の資料づくりも私の仕事です。受け入れのときは多くの資料が必要となります。新入社員の面接や来客の対応も私の担当。実習生の管理を通して、社会保険や給与計算など、人事の手続きも勉強しています。

生産管理部 劉俊驛

この仕事のやりがい

現在、携わっている実習生には20代前後の人が多く、私自身、その年代に日本に来たので、経験したことをいろいろ教えてあげて、とても頼りにしてくれています。
入社したての頃、年下であってもここで働いている時間は私より長く、仕事上では先輩にあたる人たちを指導する私に反発する実習生もいて、たまに眠れないこともありました。壁にぶつかり、悩んだりすることも多かったものの、先輩、上司に助けてもらい、ステップアップできていると感じています。自分の思いを皆に伝えるうちに心が通っていくと信じ、また何かあれば必ず上司がフォローしてくれるので、辞めようとは全く思いませんでしたね。素晴らしい環境で働けて、毎日幸せに感じています。

ファウンテン・デリのここが魅力

女性や外国人など多様な社員を積極的に採用し、活躍できる環境を整え、全社員が最大限の力を発揮できるように積極的に取り組んでいます。上司が部下を育てる気持ちが大きいのもポイント。仕事はもちろん、日本の常識まで細かく教えてもらい、将来のビジョンを描くことができているのも素晴らしい上司のおかげと思います。性別や国籍にこだわらず、自分のキャリアをしっかりと築きたいと思う方にはおすすめの会社です。

目標やキャリアプラン

各部署のチームはサブリーダー、チームリーダー、そのうえにグループリーダーという組織構成になっていますので、5年後にはサブリーダー、さらにチームリーダーを目指したいと思います。まだ勉強中ですが、法律に関わる管理業務もマスターし、皆から頼られる存在になりたいと思います。

ある日のスケジュール

8:45~ 出社。メールチェック。
9:00~ 手のひら静脈認証式による勤怠管理システムのデータ管理など
実習生向けの資料、受け入れ資料の準備、実習生に対する生活指導など
17:45 退社

就活中の人へのメッセージ

どんな会社で働いていても、新人は元気な挨拶が必要と思います。新人ですから相手は当然、自分のことは知らないはずですが、挨拶すると相手から返事がもらえ、何かしらのつながりが発生します。普段は怖い顔をしていても、やさしい対応してくれる人もいます。積極的に自分から動かないと、結果はわからない。コミュニケーション能力が高いと、チャンスをつかむ可能性も高くなります。